スポンサーリンク

発達障害の高校2年生 異常なルールに納得できず、トラブル発生?

自閉症の息子と母の奮闘記 高校編
スポンサーリンク

この記事を初めて読んで下さる方へ

春大会が終わって、又いつも通りの生活に。

J君は相変わらず、野球部メンバーとは微妙な距離を保っています。

そんなある日、同じクラスの野球部のY君とM君は・・・

 

Y君
Y君

あいつ(J君の事)こっち来んのは、なんでやろ?

いつも、勝手やしこっち来るまで、無視しよ!

M君
M君

え・・・・。

M君は言い返せないタイプなので、J君に伝えます。

M君
M君

Yが怒ってるし、Jもこっち来いよ・・

高校生J君
高校生J君

は?意味がわからんし!無視するならしたらいいやん!

その方が、オレは楽やわー

M君
M君

そんなん言うなよ、オレが気まずいやん・・・

高校生J君
高校生J君

お前が気にする事ちゃうやん!

M君
M君

このままじゃ、オレもJとしゃべれんやん・・

高校生J君
高校生J君

は?お前はYの許可がないと、何もできんのか?

それならそれで、オレと無理にしゃべらんかったらいいやん

 

M君は、J君の様に行動出来ない子なんです。

中学から一緒なので、Jもそれは良くわかっています。

それでも、Y君の考え方について行けないJ君は、

全く従う様子も無く、暫くの間Y君はJ君を

無視した状態になります。

そんなY君に気を使いながら、M君はY君のそばにいます。

違うクラスの野球部のメンバーもY君とJ君の

微妙な空気を感じ取り、しかし、なんとなく

Y君のそばに・・。

それでもJ君はクラブの時間になると

いつも通りクラブへ行き、2年メンバーと一緒に

いる時もあれば、3年と一緒に居る事もあります。

全く折れる様子のないJ君!

とうとう、Y君のほうが根負けし、Y君から話しかけてきました。

Y君から話しかけられると、別に喧嘩したわけでもないので

J君も普通に話をします。

Y君も、J君は自分の思い通りに行かない!と

感じた様子で、なんとなく話をするようになった2人。

 

M君
M君

Yの機嫌が悪くなると、色々気を遣うし、やっと

しゃべるようになったんやから、Jもこっち来いよー

高校生J君
高校生J君

は?!ふざけてんのか?オレは今まで通りや!

お前も、自分の好きなようにしたらいいやん!

M君
M君

オレは、Jみたいにはできんわ・・・

高校生J君
高校生J君

そうか・・・。じゃー仕方ないなー

でも、オレは自分の好きにするから、お前も

いつまでも、振り回されとったらあかんぞ!

 

少しの間、Y君に無視されていたJ君ですが

 

高校生J君
高校生J君

無視される理由なんて、オレにはない!

好きにしたらいい!

 

こんな風に思って、過ごしていたようです。

 

Yさん
Yさん

自分を押し通す強さ!

我が息子ながら、たくましくなってきたな~

って思っています。

 

学校では、自分を押しとおす強さを見せるJ君ですが

本当は、「これでいいのか?」

悩んでいるんです。

Yさんに、自分の思いを包み隠さず話したそうです。

J君の悩んでるポイントは!

自分が、自分の考えを押し通す事で
野球部のメンバーの空気が微妙になる。
オレのせいで、他のメンバーに気を使わせる事になる。
それでも、オレは強制的なルールには
従いたくない!

J君の中で、色んな葛藤があります。

そんなJ君に、Yさんからのアドバイスは?

●自分自身がどうしたいか!
●時に、自分を通す事も大事!
●本当の友達、絆とは何か?
●何が正しいのかは、人それぞれで変わってくる。
●オカンは、Jの事をを間違ってるとは思わない!

J君は、最近自分の中の消化しきれないイライラ、モヤモヤは

オカンにだけ吐き出す!と決めている様子。

友達の前では、出さない!と決めていてるんです。

 

Yさんには何でも話すので、そこは安心!

しかし、友達の前で強くあり続けるJ君には

少し不安を覚えているYさんです。

まだまだ続く、トラブルに悩む日々は

これからも、当分続きそうな感じです。

にほんブログ村 子育てブログ 発達障がい児育児へ

コメント