発達障害の高校2年生 顧問に直接思いを伝えた結果は?

自閉症の息子と母の奮闘記 高校編
スポンサーリンク

この記事を初めて読んで下さる方へ

前回の記事の続きになります。

前回の記事で、春休みになってもクラブのメンバーが

集まらず、このままでは、春大会に出場も難しい状態。

色々手を尽くしては居ますが、中々進まない状態に

イライラしているJ君。

そして、今日もイライラモードの中練習へ

又もや、J君。K君。T君。の3人だけ・・・

顧問の先生
顧問の先生

今日も3人か?このままで春大会出る気あるんか?

高校生J君
高校生J君

オレは、無理に出なくてもいいと思ってます。

顧問の先生
顧問の先生

なんでや?

高校生J君
高校生J君

誘っても、皆練習には来ないし、頼み込んでまで

試合に出たくないです!

顧問の先生
顧問の先生

お前はそうかもしれんけど、他の部員は

試合したいかもしれんやろ?

高校生J君
高校生J君

試合がしたいなら、練習に来るはずでは?

顧問の先生
顧問の先生

それはわからんやん。1回全員集めてミーティングしろ!

高校生J君
高校生J君

練習にも来ないんですよ?ミーティングに来る訳ないでしょ・・・

顧問の先生
顧問の先生

始業式の日でいいやん!全員学校来るんやし!

J君の考えは?

こんなに集まらない状態で、試合になんて出来るはずがない!
練習来ないメンバーに頼んでまで、試合に出る必要はない。
春大会は、辞退したほうがいい!
顧問の考えは?(これは、Yさんの推測でもあります)
真面目に来てるメンバーは勿論、理由があって練習に来れない
メンバーにも、試合を経験させてやりたい気持ちが強くて
J君には、そう言ってると思います。
元々、部員数も少なく試合に出ること自体が難しいし、
J君がキャプテンとしてどこまでやれるか?
その事も見ているような気がします。

顧問とキャプテンの関係ですが、J君も自分の思いを

しっかりと、顧問に言えるようになっています。

他の2年のメンバーは、口調が厳しい顧問の事が

苦手の様ですが、J君は毎日顧問と接しているので

顧問の考え方も分かるようになり、それでも

自分の思いを伝えたい!何でも話せる!向き合える!

そんな関係になっているようです。

J君にとって、顧問は色んな意味で特別な存在です。

始業式のミーティングで、春大会に出たいのか?

出る気がないのか?全員の意思確認をする事になったようです。

実は、J君はミーティングが嫌いなのです。

 

高校生J君
高校生J君

皆、意見言わないし、聞いてるか聞いてないか

分からんし、時間の無駄!

 

しかし、試合の辞退はキャプテン1人で決める事は出来ません。

始業式まで、イライラモードのJ君。

一方、K君とT君は?

「皆、試合には出るんちゃうかな?毎回出てるし~」

軽い感じで考えています。

 

J君もこのぐらいの軽さがあればね~

何事にも、真っすぐで、正直な所がJ君らしさなんですけどね!
明日は、いよいよ始業式のミーティングの様子を
書いていきたいと思います。まだまだ、イライラは収まらない?

にほんブログ村 子育てブログ 発達障がい児育児へ

コメント

  1. アバター pope より:

    J君の真面目さがよく出ていますね。顧問の先生もそこをよく理解したうえでアドバイスしているのでしょう。
    さてJ君、どう対処するか?

    • ダメなうさぎ ダメなうさぎ より:

      顧問の先生とは、良くわかりあえてると思います。
      思いを言えるのは、大事な事ですよね