スポンサーリンク

発達障害の高校1年生 マラソン大会!苦手だったマラソンの結果は?

自閉症の息子と母の奮闘記 高校編
スポンサーリンク

この記事を初めて読んで下さる方へ

高校1年生の、3学期が始まり、1、2年生は

1月末にマラソン大会があります。

男子は6k走ります。

3学期に入っての体育の授業は、ほぼマラソン大会に向けての

「マラソン練習」

体育の授業では、3kのタイムをはかります。

J君は、小・中学校でのマラソンの目標を

歩かずに完走する事!

だったJ君ですが、野球部の冬練のおかげで

体育の3kはヘタる事無く、走れるようになりました。

体育での3kタイムは、クラス内では1位を獲得!

学年順位になると、男子240人中、20位ぐらいになっています。

小・中学校の頃のJ君からは、考えられない事です。

同じクラスの仲良し4人は、J君のマラソンの成績に

驚きながらも「マラソン大会当時は、うちのクラスの代表やな!」

結構期待されちゃいました!

 

高校生J君
高校生J君

体育では、3kやから大丈夫やけど・・

マラソン大会は6kやからなー

バテたらどうしよう・・・

Yさん
Yさん

ペース配分を考えて、バテないように

無理せず走ったらいいやん!

高校生J君
高校生J君

そうのんびりな事も、言ってられへんねん!

Yさん
Yさん

なんで??

高校生J君
高校生J君

野球部やから!顧問からも頑張れって言われてるし、

クラスからも、クラスの代表やから頑張れ!って

言われてるねん!

Yさん
Yさん

何だか・・・すごいプレッシャーの様子・・

当日は、いつもの2倍の距離!

どうなるか・・・

 

マラソン大会の当日!

まずは、女子が先にスタート!

その後、男子がスタートです。

1年生男子は、240名
本気でタイムを狙う子達が、前の方に並ぶ感じです。

仲良しの3人は

「行けるところまで、Jについて行こうかな?」

高校生J君
高校生J君

いいけど、遅れて来たら悪いけどおいていくで~

スタートの合図と共に、やはり本気でタイムを狙ってる子達は

集団となって、走り出します。(運動部中心)

暫く走っていると、仲良し3人は

「ムリやわ~、ついて行かれへん!クラス代表で頑張って~」

高校生J君
高校生J君

おう!悪いけど、先行くわ~~

先頭集団に混ざって、走り続けるJ君。

暫くすると、先にスタートしていた女子の姿も見え、

女子も抜いて走っていると、

Oさん
Oさん

あ!Jちゃん。やっぱり早いな~

高校生J君
高校生J君

Oさんも頑張って!先、行くな~

Oさん
Oさん

Jちゃん、頑張れ~~

折り返し地点で折り返し、暫く走っていると

まだ、折り返し地点にたどり着けないクラスメイト達が

「あ!Jやん!早いな~クラスはお前が頼りや!ファイト!!」

段々と苦しくなってくる中、友達や各地点に立ってる

先生方に、声をかけらるたび、パワーアップ!

バテる事無く、6kもペースを乱すことなく

ゴールする事が出来ました!

結果!
学年順位 14位
クラス順位 1位

本当に良く頑張りました!

高校生J君
高校生J君

来年は、学年順位10位以内に入りたい!

Yさん
Yさん

このまま、真面目に、野球部を続けてたら

いけるかもな~

高校生J君
高校生J君

オレも、そう思うねん!

 

クラスの友達の期待を背負いながら、最後まで

ペースを落とさず、完走出来たのは

J君の日頃の努力と、野球部のおかげですね!

2年生のマラソン大会で10位以内の目標

頑張ってほしいです。

にほんブログ村 子育てブログ 発達障がい児育児へ

コメント