中学2年生!バスケ部が面白くない理由

自閉症の息子と母の奮闘記 中学校編

この記事を初めて読んで下さる方へ

 

中学2年生になりました

中学2年の新学期! 上靴事件でハラハラしましたが、

貸し上靴を借りて、新2年生に!

とは言っても、2クラスしかないので、クラスが変わっても

知ってる子がほとんどです。

そして、担任の先生も持ち上がりの為、J君は2年連続

同じ担任の先生です。

女性の先生なので、J君は 少々不服・・・

J君は、何故か男性の先生がいいようです。

中学校生活も 2年目

特に何か不安な事は 勉強以外には無いそうですが、

少々気になる事がありました。

 

中学生のJ君
中学生のJ君

クラブ行きたくないな~~

1、2年だけになってから 面白くない・・

 

1年生の秋からは、3年生はクラブ引退なので
そこからは、1、2年生のみのクラブ活動となります。
3年生が居た時とは、雰囲気も変わりました。
性格的に真面目なJ君は、他の友達の様に
「行きたい時だけ行く」と言う中途半端な事は
出来ません。席だけ置く=幽霊部員
この様な事も、絶対出来ないし、許せないので
気が乗らなくても、クラブには参加していました。

 

2年生になったばかり、部活には又 新1年生が入ってきます。

いい雰囲気になれば いいのですが・・・

 

J君は、真面目で融通がきかない性格。

自閉症スペクトラム障害(ASD)

の傾向です。強い拘りが有る為、融通がきかない事が多いです。

長所でもあり、短所でもありますが、中学生活でこの事が

どんな風に影響してくるのか?心配ではあります。

 

中学1年生でのテスト結果も 散々だったJ君。

次回に 成績の事での苦悩や、更に塾や、家で

どの様な勉強の仕方をしていたのかを書いていきたいと思います。

努力=結果 に結びつかない 苦しい勉強になります。

反抗期も更に強くなる 中学2年生

これから どんな1年になっていくのか?

少し不安でもありますが、見守って行くしかないですねー

 



コメント