LDの子は書く事が苦手 J君の場合の続き

自閉症の息子と母の奮闘記

 

前回の記事で、J君が書くことが苦手だけど、漢字テストを頑張ってる事を

書いていましたが、5年生の1年間 本当によく頑張りました。

集中力が続かないJ君なので 漢字テストは小テストの10問にだけ

こだわります。

5年生最後の漢字10問小テストの結果!

念願の100点!!! おめでと~~~!!

このテストの前日の夜には、5年生最後の漢字10問小テストなので

J君も気合が入りすぎて、覚えきれなかったり、間違えたりすると

イライラモードに・・ 暴言も激しく!最悪なムードのだったそうですが・・

それでも、当日の朝学習の時間や、休憩時間も全て この漢字10問小テストの

勉強に費やして トライ!!

1年がかりでやっと取れた 100点!

本当に嬉しかった様で、超ハイテンションだったそうです。

その100点答案用紙を 支援学級にも持参して、先生にも見てもらってたそうです。

「5年生!みんなと一緒に!」

J君にとっては、厳しい結果の方が多かったけど、

この 漢字10問テストだけは

 

オレも頑張ればみんなと同じように出来る!
努力したら 点数があがる! 

 

こんな気持ちが持てる様になり、覚えきれなくてイライラモードも

あったけど・・

粘り強く! 持続的に! 取り組むことが身に付いて 最後の最後に

100点を取れたことが、J君にとっては 本当に 大きな自信になったそうです。

LD(学習障害)特に書くことが苦手なJ君にとって、この漢字テストでの

点数は 自分の努力に対しての結果ですよね

LD(学習障害)の場合は勉強不足や努力不足が原因で勉強ができないわけではありません。
その子の特性をしっかりと理解し、適切な方法で丁寧にアプローチしていくことが大切です。

このお話を聞いた時に、暴言や、イライラもあったけど 最後には

やり遂げた! 本当に素晴らし精神の持ち主だと思い 感動しました。

J君は 優しいだけではなく、目標を持って それを達成できる!

しっかりしたお子さんに 育ってきています。

これからも、J君の成長ぶりに期待です。

LDの子は書く事が苦手 J君の場合
小学校4年生のJ君の直筆 Yさんからの提供 このJ君の直筆のものは、LD(学習障害)のお子さんが 書くことがどれだけ大変かを 知ってほしい!とのご要望でUPさせて頂きました。 この様な感じで...

 



コメント