頭の中の小さい自分と算数

   

 

小学4年生のJ君 何時もの様に宿題をしていました。

今日は、いつになくとーっても集中していて、どんどん進めていき、

「やりたりない!」そんな風に言った後、プリントの裏に、自主学習したいので

問題を書いてほしいと言われました。

J君が、どんどんと問題を進めていく様子を見ていたら、余白にひっ算することなく、

全て頭の中で考えて計算していたそうです。

Yさん「ひっ算書かずに答えを出してるけど、どうやってるん?」

J君「オレは、書くのがしんどいやろ?オレの頭の中には小さいオレがおるねん

でー、オレがこの小さいオレに 0.23+5.6+2.84 って問題を心の中で伝えたら

小さいオレが頭の中でひっ算してくれるねん。オレはその頭の中のひっ算を見てるから

答えがわかるねん。」

Yさん「頭の中に小さいJちゃんがおるん?」

J君「そうやー。1年生の足し算の頃からオレは小さいオレに会ってるねん。でも

算数の時にしか来てくれへんけどな! お母さんの頭の中にもおるやろ?

会った事ない?」

Yさん「会った事ないなー」

J君「そうなん?? オレの頭の中小さいオレは、消しゴムぐらいの大きさで

大きな鉛筆を必死に動かして、ひっ算してくれるでー。漢字も書いてくれたら

助かるんやけど、いつも算数の計算だけやねんでー」

Yさんは、笑いながらも きっとJ君は暗算してる事が、「小さいオレ」として

現れてるんだな~と思われたそうです。 なので、J君自身が覚えてない

漢字の時には小さいオレは来てくれないんですね。

そんなJ君 算数での不思議な発想があります。

支援学級での算数の時間の事です。

↑クリックで大きくなります。

面積の勉強で どちらが大きいか?の問題の時に、先生が見た目でどっちが

大きいと思う?と聞かれました。

少し考えてから J君は「小さい□の部屋には2人ぐらい入れそうで、

細長い□の部屋には、4人ぐらい入れそうで、大きい□の部屋には

5人ぐらいは入れそうやから、・・・・うーんと

(A) は 2+4+2+2+4+5+4+4 で 27人 やろー

(B) は 4+4+4+2+2+5+4+4 で 29人 やから~

(B)の方が 大きい!

まず、四角のかたまりを部屋に見立てて、そこに何人 入るか?を考えて

答えを出すという発想に、先生もびっくりされたそうです。

更にびっくりされたのは、(A)と(B)の足し算を さら~~と会話の様に言って

暗算で 答えた事! 文章問題や、図形 複雑な計算は苦労するJ君で

色々な支援が必要ですが、単純な計算なら得意で、暗算で答えることができます。

これもきっと、頭の中の小さいオレが 大活躍してるんだな~って

分かるお話しでした。 これからどんどん進んでいくお勉強に

苦戦のJ君ですが、都道府県を覚えるテストでの、面白い覚え方があります。

Yさんの秘策! 次回にご紹介したいと思います。



 - 自閉症の息子と母の奮闘記, 頭の中の小さい自分と算数