書くことを生活に取り入れる

自閉症の息子と母の奮闘記

 

書くことを生活に取り入れる

前回の続きの「書くことを生活に取り入れる」Yさんが次に考えられたのが、

J君の大好きな ごっご遊び です。

★ レストランごっご ★

いつもJ君が 店員さんで Yさんがお客様

J君「いらっしゃいませ~ご注文は? ハンバーグにオムライス、スパゲッティーも

ありますよ~」と言っていたので、ここで思いついたそうです。

どうせならメニュー表を作ろう! これにはJ君も「いいねー!作ろう!」

そして、カレンダーの裏にマジックで大きく書いて、メニュー表を作ります。

漢字は勿論、カタカナも苦戦中なので ここでは「カタカナを楽しく書く!」事を

やってみたそうです。J君はこれが気に入ったようで、他にも

★お弁当屋さんごっご★

メニュー スペシャルからあげ弁当、やき肉弁当、チキン南ばん弁当 など

★おすし屋さんごっご★

メニュー トロ、サーモン、イカ、ウニ、イクラ、キュウリまき、タマゴ など

この様にメニューが沢山あり、カタカナ、ひらがな、漢字と 遊び感覚で

書いていったそうです。

★ 学校ごっこ★

必ず、J君が先生でYさんが生徒です。J君はテストのシーンにこだわる為、

これもカレンダーの半分ぐらいの大きさの紙に、算数を10問

この問題は、J君が今習ってるのを10問考えて書いてくれます。

(J君は計算は得意なんです)

問題を出されたYさんは、必ず1問か2問を 間違える様にされてたそうです。

先生役のJ君が、自分で問題を解いて答え合わせをする為、この答え合わせこそが、

J君の勉強につながります。(そんな事には、全く気が付いてないJ君)(笑)

J君が、答え合わせを終えて テストを返してくれます。

J君「おしかったですね! 1問間違えてましたよ でも よく頑張りました!」

こんな感じで テストを返してくれるそうです。

この様に、遊びの中に勉強を入れ込むと、宿題タイムの様に イライラモードには

ならず 楽しくやってくれたそうです。遊びの中で色々工夫して、伸ばしていく!

どんな形であっても 書くこと=楽しい と感じる事が出来る時間を作ってあげたい。

と、おっしゃられてました。

書くことが苦手なJ君 3年生の漢字は まだ書けません。1年、2年の

漢字をゆっくりとしてる状態です。でも皆に追いついて行きたい気持ちがあり、

3年生は苦難の連続です。

算数も単純な足し算、引き算、割り算、掛け算 これだけではなく、

文章問題や、応用問題、更に単位(ミリリットルやリットルなど・・)

これを理解するのも大変です。

独特のこだわりがある為、宿題も一苦労 特に文章問題、応用問題などは

1人では出来ない為、算数はクラスではなく 支援学級で受けていたそうです。

宿題も、クラスからの宿題(算数ドリル、漢字ドリル、時々プリント)

支援学級からの宿題(書くことが苦手なので 拡大した算数プリント)

※こ支援学級では文章や、応用問題は出さない。パニックになって暴れる為※

と普通より宿題が多いです。

この2つの宿題をやらなけれないけない!とこだわりの強いJ君

この宿題に関するエピソードは大変沢山あるそうで、少しずつご紹介していきます。



コメント