スポンサーリンク

発達障害の高校1年生 高校生になって初めての中間テスト!

自閉症の息子と母の奮闘記 高校編
スポンサーリンク

この記事を初めて読んで下さる方へ

高校生になって初めての中間テスト

中学の3年間は、塾に行っていても、テストの点数は散々でした。

高校生になってからは、塾も行かず、クラブ中心の生活。

テストの1週間前になると、中学と同じでクラブはお休みです。

夕方に帰って来ても、勉強タイムは夜なので、

夕方は、外でバットを振ったり、走りこんだりしてるJ君。

中間テストの科目
国・数・英・簿記・情報処理・ビジネス基礎

テスト対策も、プリントをもらえるので、それを中心にやってるJ君

学校では放課後に、テスト対策もしてくれます。

基本は、先生から声のかかった子らしく、J君は先生から

声が掛からなかったのですが、自信のない教科は、自主的に参加!

(本当に真面目な子です)

夜、家でテスト勉強をしてるJ君に、クラスの友人から

「ゲームしよう!」とラインで誘いが入ります。

一緒にする時もあるし、勉強中って断る事もある。

 

Yさん
Yさん

もう、息子も高校生。

中学の時の様に、横に付いて色々言わなくても

息子自身がどうするのか?見守る事にしています。

 

親子間の共通の思いは1つ!
「欠点を取らないように頑張る!」

欠点を取ると、補習になるので、クラブに参加出来ません。

J君は野球をしたい気持ちが強いので、

テスト1週間前と、テスト中だけは頑張っていました。

中間テストの結果!

☆ 欠点なし!
☆ 数学・簿記・ビジネス基礎は高得点!
☆苦手な国・英も何とか、50点ほど

クラス順位と、学年順位も出るのですが、

どちらも、半分より上だったので、大満足なJ君。

中学の時は、こんな成績を取れる事が無かったので

とても喜んでました。

テストも無事終わり、又、クラブ三昧!

何時も通り、大きなリュックに野球グッズを入れて

自転車の前かごには、高校の指定カバンを

縦に突っ込み!(お弁当が・・縦に?)

背中にはリュックを背負い、通学!

充実した、高校生活を送っているJ君。

 

中間テストも無事終わり、そろそろ高校生活にも

慣れてきた様子。

クラブも頑張ってるので、一安心!

次は、高校生になって初めての専門医への通院!

お薬は、本当にもう飲まなくていいのか?

少し気になるところですね

にほんブログ村 子育てブログ 発達障がい児育児へ

コメント