スポンサーリンク

発達障害の中学3年生 中学校卒業式!

自閉症の息子と母の奮闘記 中学校編
スポンサーリンク

この記事を初めて読んで下さる方へ

中学校に入学してから、3年、あっと言う間に

中学校生活も終わりを迎えます。

入学当時はブレザーもぶかぶかで、

ズボンもかなりの、裾上げげだったのに・・

卒業する頃には、ブレザーは袖も短くなり、ボタンも止まらず

ズボンはぎりぎりまで丈を出したけど、短くなっています。

3年間で20cm以上も伸びたJ君。

体も、心も大きく成長しました。

卒業式当日

卒業式は、あいにくの雨、とても寒い日でした。

小学校の卒業式の様な演出は有りませんが、

人数も少ない為、1人ずつの卒業証書授与があります。

 

Yさん
Yさん

卒業証書を授与される、息子の姿を

見ていると、3年間の色んな思い出が

浮かんできます。

 

外は、雨ですが在校生がアーチを作り

卒業生がアーチを通って出て来ます。

雨の中、嫌がる息子たちを捕まえての、写真タイム。

小学校の頃と同じように、保護者同士で協力し合い

何とか、写真を撮ります。

男の子には、ほんと苦労しますね。

中学校から、高校に行くときは、皆バラバラになります。

公立高校の合格発表は、卒業式の後なので、

まだ、この時点では結果が出てません。

仲の良い友達には、

「合格発表の日は、ラインするわ~。合格祈ってて~」

なんて、言われたり、校庭で別れを惜しむように

じゃれてる子供たちを見ていると、

 

中3担任
中3担任

お母さん、卒業おめでとうございます。

J君は色々あったけど、K高校で頑張って

くれる事を願っています!

 

 

Yさん
Yさん

最後の最後まで、ご心配をおかけして

すみませんでした。

もう、息子も私も、大丈夫です。

本当にお世話になりました。

 

ちょうど、近くに息子が来たので、担任と一緒に

写真を撮ります。

担任の先生も、飛び切りの笑顔で答えてくれました。

その後、一旦帰宅したJ君。

そしてクラスのほぼ全員での卒業式打ち上げへ!

夕食を一緒に食べ、花火をして、閉まってる中学へ・・・

忍び込んで、校庭を走り回ったり・・・スマホで写真を撮ったりと・・

(もう、時効って事で・・・お話しします)

 

Yさん
Yさん

思春期、反抗期で本当にやりにくい時期だったけど、

特に、受験に関しては、親子でじっくり向き合う事も

沢山出来、成長した3年間でもありました。

 

 

4月からは、新たな高校生活。

又、どんな3年間になるのか!

楽しみでもありますね。

卒業おめでとう!3年間よく頑張ったね

ありがとう!

 

にほんブログ村 子育てブログ 発達障がい児育児へ

コメント