スポンサーリンク

華政 あらすじ 21話~30話

韓国ドラマ
スポンサーリンク

Episode 21

ファイの告白で例の数珠が貞明公主の物だと知ったホ・ギュンは、ファイを大妃に会わせると約束する。

約束の日、ファイが慶運宮を訪ねるも仁穆大妃は何者かの書状を受け取り、出かけた後だった。

ファイがホ・ギュンの罠だと気づいた時はすでに遅く、同じく書状を受け取り集まった重臣らとともに、仁穆大妃は謀逆の罪で捕らえられる。

そんな中、ジュソンと会っていたホ・ギュンを怪しく思ったイヌは、ホ・ギュンに刀を突きつけ問い詰める。

ホ・ギュンは、光海君に恨みを持つ者同士、ファイと手を組んだと答え、数珠が貞明公主の物だと話す。

それを聞いたイヌは“観音の目”が貞明公主の証しだったと知り、ファイを問い詰める…

Episode 22

イヌに正体を知られた貞明公主は、謀反の濡れ衣を着せられた仁穆大妃を救いに行こうとするが、

かえって仁穆大妃の身に危険が及ぶとイヌに止められる。一方ジュウォンは、「ファイが王の敵ならどうする」とイヌに聞かれ、ファイには何か秘密があるのだと知る。

王宮では、仁穆大妃の処罰を求める声に光海君は苦悩していた。そして、真相を確かめるため仁穆大妃に会いに行くと、

仁穆大妃の口からは、公主の証しを使って自分をおびき寄せたと言われる。

また、ホ・ギュンが密かに会っていたのはジュソンではなくファイだったと知り驚く。

同じ頃、ファイは仁穆大妃を救い出すためジュウォンに用意してもらった女人用の衣に着替えて光海君を訪ねる。

Episode 23

光海君の前に女の姿で現れたファイは、母を救うため正体を明かし、取引を持ちかける。

母まで殺されたくないという貞明公主の告白に衝撃を受ける光海君だが、ジュウォンに公主をかくまうよう命じる。

そんな中、公開討論が開かれ、光海君を陥れようとするホ・ギュンは仁穆大妃を死罪にするよう主張するが、光海君は死罪にも廃位にもしないと宣言する。

一方、ジュウォンが貞明公主の正体を知ったことに気づいたイヌは、王の手先であるお前には公主様を守る資格がないと言い放つ。

ジュウォンの屋敷にかくまわれた貞明公主はついに母との再会を果たすが、仁穆大妃は光海君を信用してはならない、

予言を知るイチョムとゲシからも逃げるようにと忠告する。

Episode 24

ジュソンはホ・ギュンと貞明公主を始末するため刺客を送り込む。ジュウォンは貞明公主をかばって斬られるが、ある者の助けもあり一命をとりとめる。

貞明公主はもう自分のために誰かを失いたくないので、この件は自分の力で解決すると光海君に伝える。

その頃ホ・ギュンは、自分を始末しようとしたジュソンに共に死ぬか生き延びるかどちらかを選ぶよう迫っていた。

ホ・ギュンが黒幕のジュソンを道連れにするとにらんだ光海君は、イチョムに謀反の偽装を指示し、ホ・ギュンに罠を仕掛ける。

一方の貞明公主はホ・ギュンと密会し、ジュウォンを刺したせいで王に追われていると嘘をつく。

追い詰められたホ・ギュンは、貞明公主に協力を求めるが…

Episode 25

火器都監に潜り込んだホ・ギュンは、火薬倉庫に地雷火を仕掛ける。貞明公主は、

火器都監の火薬もろとも光海君を吹き飛ばすのがホ・ギュンの本当の計画だと知り、火薬倉庫へ向かい爆発を止めようとする。

かたやジャギョンから貞明公主の伝言を聞いた光海君とジュウォンは、急いで火器都監へやってくるが、間もなくして中から爆発音が聞こえてくる。

その時、爆発する建物の中から貞明が出てくるのだった。貞明公主が火器都監の爆発を阻止した直後、光海君はホ・ギュンを捕えるよう命ずる。

爆発が失敗に終わったと知ったホ・ギュンは逃げ道を探すが、すでに城門は封鎖されていた。

焦ったホ・ギュンが自害を試みようとした時、ジュソンにより捕えられてしまう。

Episode 26

ホ・ギュンを兵曹に差し出し王宮にて光海君と対峙したジュソンは、自分が共謀していたとしても、自分の配下にある者たちの力により、断罪はできないと言い放つ。

だが光海君は、イヌがジュソンを告発したことをほのめかす。一方、爆発を止めて負傷した貞明公主は、光海君の計らいで御医から治療を受ける。

貞明公主を心配するジュウォンの姿を見て、彼の気持ちを知った光海君は、ジュウォンの前で最後まで妹を守ると約束する。

そんな中、ゲシは貞明公主を殺害するため医官の毒を盛るように命じる。

御医の指示と言われ王宮に移された貞明公主は、医官に差し出された薬を飲むのだが…

Episode 27

光海君は、またしても貞明公主の毒殺を企てたゲシを捕らえ、王宮から追放する。

一方、貞明は自分が命を狙われる理由を光海君に尋ねると、予言のせいだという事実を知り驚く。

また、祭祀の場で貞明公主が生きていることを皆に公表するという意向を聞かされ、さらに戸惑う。同じ頃ジュソンは、手下の報告でファイが貞明公主だと知る。

またイヌが貞明公主に好意を寄せていると知り、息子を使って光海君を仕留めることを目論む。

かたや仁穆大妃は、ホン・ヨンに協力を求めて、貞明公主を都から逃がそうとしていた。

貞明公主は都を去るか残るか迷っていたが、ジャギョンに自分自身を信じろと言われて決心がつく。

Episode 28

貞明公主は光海君を訪ね、硫黄職人として火器都監に残って国に尽くすと告げる。間もなくして後金が明を攻撃し、ついに戦争が始まる。

光海君の甥、綾陽君は王宮の前に座り込み、明への派兵を要求。明への出兵だけは断固阻止したい光海君は、ジュソンに西人派を説得させようとするが、

明との繋がりを絶ちたくないジュソンはイチョムを丸め込み、大北派が出兵に賛成するよう仕向ける。

次の王座を狙う綾陽君は慶運宮を訪れ、貞明公主を味方に引き入れようとする。

そんな中、王宮を追われたゲシは片思いに苦しむイヌを見かけ、貞明公主を手に入れる方法があるとほのめかす。

Episode 29

ジュウォンは後金や明の戦況に関する情報を得るため奔走していた。ジャギョンから倭国の商人イダチが朝鮮に来ていると聞き、

早速、大陸の情報を聞き出すため貞明公主とジャギョンと共に済物浦(チェムルポ)に向かう。

同じ頃、朝鮮が出兵を拒んだら明が攻め込んでくるという情報を入手したジュソンは、

その事実を綾陽君に知らせ、光海君が出兵要請に応じざるを得ないよう追い込もうと考えていた。

綾陽君はまたしても王宮の前で座り込みを行い、出兵しなければ明が攻めてくるという情報を民に知らせてしまう。

その浅はかな行動のせいで国は混乱に陥る。

Episode 30

光海君は民の前で事実を説明しようと決心するが、ジュソンは、綾陽君がどこまで使えるか見極めるため、金を使って民を動かす。

綾陽君は、ジュソンの差し金とも知らず、自分のもとに集まってきた民と共に暴動を起こす。

暴動があった翌日、貞明公主はヨンブたちから預かった上訴文を持って王宮を訪ね光海君に出兵を許可してほしいと願い出る。

また貞明公主は、火器都監の硫黄職人として皆と戦地へ行くことを心に決めていた。

貞明が戦地へ行くと聞いたイヌは、阻止するためゲシを訪ねる。

かたやジュウォンは、貞明公主を火器都監に入れたことを心から後悔し、戦地へ行くことを考え直すよう説得するが…

コメント