スポンサーリンク

ヘルレイザー 1987 あらすじとネタバレ

洋画
スポンサーリンク

魔界からの復活を目論む男が巻き起こす恐怖。独特の世界観で人気のホラー第1弾!

モダン・ホラー作家クライヴ・バーカーが、自ら監督を務めて自作を映画化。

独自の美学に彩られたスプラッター描写、「苦痛」をモチーフにした魔道士たちなどインパクト大。

究極の快楽をもたらすパズルボックスを手に入れたフランクが、異界から現れた魔道士に肉体を引き裂かれ、姿を消す。

だが数年後、魂が覚醒した彼は、空き家となった家に越してきた主婦ジュリアを使って男たちを誘い込み、その肉体を食らって復活を目論むが…。

 

 

怪しい東洋人から「ルマルシャンの箱」を高値で購入したフランク。

その箱は“組み替えることによって究極の性的快感を体験できる”という伝説を持つ、パズルボックスだった。

組み替えることに成功したフランクだったが、成功と同時に肉体を失い、その体は魔導師(セノバイト)によって回収された。

フランクの行方がわからなくなってから数年後。

フランクの弟ラリーは、結婚したばかりの妻ジュリアと共に、フランクが住んでいた家に引っ越しを決める。

ラリーには死別した前妻との間に一人娘カースティがいたが、彼女とは離れて暮らすことに。

引越しの最中、怪我をして血を流してしまうラリー。

フランクの屍は、その血を身に受けた事で蘇る。

かつてフランクと不倫関係にあったジュリアは、フランクに助けを求められ、色仕掛けで男性を自宅に引き入れてはフランク復活のために血を流させ、遺体の処理も行うようになる。

継母ジュリアを好きになれないカーティスは、ジュリアの浮気を疑って自宅に忍び込む。

変わり果てた姿の叔父フランクを発見し、全てを知ってフランクとジュリアに追われる身となったカーティスは「ルマルシャンの箱」を持って逃げ出す。

偶然箱を開けてしまったカーティスは、謎の怪物やピンヘッドを始めとしたセノバイトに出会う。

皮膚を失ったフランクの外見や、ピンヘッド、チャタラー、バターボール、そして唯一の女性フィメールという4人の魔導師も印象的

やっぱり ヘルレイザーといえば この人 ピンヘッド

なんせ 昔の映画なので 特殊メイクとかが 当時としてはすごいのかもしれないけど

最近の凝った スプラッターを見慣れてる方には 物足りないかも

でも やっぱ このストーリーのすごさと キャラクターの濃さに 魅せられてしまいます

このシリーズ 最初に見たときに 驚きを隠せない!

なんてすごいホラー! このシリーズが お気に入りです

何故こんな姿になったのかも 明かされていきます

この シリーズ 8作までありますが、残念ながら全部は見てません

機会が有れば 1作目から ヘルレイザー三昧の日を作ってみますw

1日中 見てると おかしくなるかもw 痛いのが快感!って怖いなw





 

 

 

コメント