スポンサーリンク

発達障害の高校1年生 水泳実習と、忘れた財布!

自閉症の息子と母の奮闘記 高校編
スポンサーリンク

この記事を初めて読んで下さる方へ

高校入学から、3カ月もたつとすっかり高校生活にも

慣れて来てる様子のJ君。

保育園⇒小学校入学
小学校⇒中学入学
環境の変化に弱いJ君は、苦労や心配が
多かったですが、数々の経験と年齢的な事もあり
高校生活のスタートは特に問題も無かったようです。

K高校には、残念ながらプールがありません。

6月の中頃に、3日連続でNドームで水泳実習が

行われます。

高校生なので、現地集合・現地解散

学校からのプリントには

★ この時間の電車に乗らないと遅刻!

と書いてあったため、友達と少し早い電車に

乗る事を約束。

普段は、自転車で通っているJ君ですが、この日は電車。

前日の夜に、YさんはJ君に電車賃を渡します。

Yさん
Yさん

財布忘れたらあかんで!

高校生J君
高校生J君

分かってるわ~!

そして、当日!Yさんは仕事へ

もうすぐ、駅に着く頃かな~と思っていたら

職場の電話が鳴ります。

 

おばあちゃん
おばあちゃん

Jが、出て行ってから気が付いたんやけど

テーブルの上に財布が置いてあるねん

Yさん
Yさん

すぐに、私の携帯も鳴ります。Jからです

高校生J君
高校生J君

ヤバイ・・・財布忘れたわ!今から家に取りに戻ったら

間に合わない!ダッシュで改札まで来て!

 

Yさんの職場は、駅のすぐ近くなので、職場に断りを入れ

急いで改札へ!

そこには、クラスの男子と一緒に居たJ君。

 

Yさん
Yさん

もーー何してるん?しっかりしてよ!お母さんの職場が

駅から遠かったら、どうするつもりやったん?

友達
友達

もー!しっかしりてよー(笑)

高校生J君
高校生J君

まぁ・・・いいやん オカンの職場が近いから

ちょっと油断しただけやん!

Yさん
Yさん

せっかく来たんやから、友達紹介してよ~

Yさん
Yさん

クラスの仲良しの、I君とS君を紹介してもらいました。

3人を見送ってから、職場へ!

本当に世話のやける息子です(笑)

 

水泳実習は3日連続なので、さすがに2日、3日目は

財布を忘れませんでした。(笑)

小学校の時に、スイミングに行ってた為、水泳は得意なJ君。

高校にプールが無い為、水泳の授業はこの3日のみ!

J君は、なんだか物足りない様子だったそうです。

水泳実習が終わると、現地解散の為、その後は友達との時間!

学年ごとにプールの時間が違う為、クラブもお休みです。

高校生になると、どんどん行動範囲も広がり、

友達との遊びも変わって来てる様です。

 

 

少しずつ、高校生らしくなっていくJ君。

お友達とも、充実した日を送ってほしいです。

にほんブログ村 子育てブログ 発達障がい児育児へ

コメント