洗濯バサミのスケジュール表

洗濯バサミのスケジュール表
スポンサーリンク

前回書いたスケジュール表について、詳しく書いていきたいと思います。

Yさんが考えた。スケジュール表は洗濯バサミで挟める式のもです。

これは、自分でスケジュールを自由に入れ替える事が出来ます。

こだわりの強いJ君は、決まったスケジュールにしてしまうと、出来なかった時に

パニックになり、大暴れへとつながります。そこでそれを回避する為に考えられたそうです。

まず、洗濯バサミではさめるように表を作ります。終わり箱をセットして、

1つ終わったら終わり箱へなおします。これなら自由に順番を変えれますよね

※ お友達と遊ぶ日は、遊びが先で宿題が後

※ お友達と遊ばない日は、先に宿題をしてから、夜に遊びを入れるなど

スケジュールは「あそぶ」「おやつ」「宿題」「ご飯」「時間割」「歯磨き」「トイレ」

「お茶」「おはよう」「おやすみ」「きがえ」「7:43 行ってきます」

この様な感じで細かいものです。

※ 朝のしたくスケジュールでは

おはよう→ごはん→きがえ→歯磨き→トイレ→7:43行ってきます

※ 夜の寝る前スケジュールでは

はみがき→トイレ→お茶→おやすみ

これはほんの1例ですが、このようにスケジュールを組み立てていったそうです。

洗濯バサミなので、朝の歯磨き→トイレが トイレ→歯磨き と順番が入れ替わっても

自由に入れ替えが出来るために、パニックにはなりませんよね

見るテレビ番組もこだわりがありますので

その都度対応できるようなスケジュール表にされたそうです。

ルールや約束を守る これは日常生活に見通しが持てるため、教えなくてはいけない事

自閉症のお子さんにはこれが、非常に難しいそうです。

とにかくYさんが心がけておられたことは、子供にわかりやすく!自分でできる!

どうすれば、わかりやすく自分で出来るのか?そしてたどり着いたのは

「具体的に教える」とゆうことです。

これは、何かを教えるために伝える内容・言葉を 曖昧にしない

「絵に描ける」ことをイメージしながら教えるのです。

具体的な例をあげると

おこさんに「あとでねー」「ちょっと待って」など普通に言いますよね。

しかし、これでは自閉症のお子さんには理解できないのです。

Yさんは言葉を変えて「あとで・待ってて」これを

「時計の長い針が8のとこまできたらねー」

この様に変えられました。確かに絵で描ける言葉なので理解できますよね。

「そこらへんに、置いといてー」

これを「棚の上から2段目の黄色いかごの中に入れといて」

「そろそろ○○してねー」

これは「サザエさんが終わったら○○してね」「あと3回遊んだら○○してね」など

曖昧な表現を避けて、イメージしやすく、具体的に伝えることで、日常生活において

見通りが持てて、「自分でできる」「わかる」につながって行きやすくなるそうです。

会話の中で「ママー絵本読んでー」

「ちょっと待ってね 後でね」 このような会話は普通に良くあると思いますが、

自閉症のおこさんには 「どのぐらいまつの? あとでは・・いったいいつなの?」

不安になり・混乱させてしまいます。そして何度も 何度も「いつ?」と聞いてきます。

この「あとで」の言葉は絵にかけません。しかし、「時計の針が8になったら」

「サザエさんが終わったら」など、具体的に伝える事で、おこさんが安心して

待つことが出来るそうです。

ルールや約束などは、否定(○○してはダメ「×」)

だけではなく、「ダメ」の理由を肯定(○○しましょう「○」)

伝え方を変えただけで、随分出来ることが増えるそうです。

※ だっこはしません「×」

(ママも疲れると言いたいところを)

J君と手をつないで、仲良く歩きたいから 歩こうね「○」

※1人で塀の上からジャンプしません「×」

落ちたらけがをするから・小さい子が見たら真似をして危ないから

ママと一緒にいる時、近くに人がいっぱいいない時にジャンプしましょう「○」

※ 廊下は走らない「×」

転んで怪我をしたり、お友達とぶつかってしまうから

廊下は歩きましょう「○」

全部当たり前の事なんですが、この「×」の部部だけ言ってしまう事が多いですよね?

でも、自閉症のおこさんや、小さいお子さんには 少なからず

☆「怒られるから、走らない」となって、何故ダメなのか?

どうしたらいいのか? を理解できないはずです。

これが全部うまくいくとは限りませんが、出来る事や、理解する事が

増えていくのもあります。

Yさんはこの様に、具体的に!肯定的に!を意識されて

少しずつ、ルールや日常生活の見通しを共に、歩んでこられたそうです。

ママだってイライラして ついつい つっけんどんな言葉を発してしまう事は

あたりまえ!でも、一呼吸置いてあげてください。それだけで同じ言葉でも

気持ち良く感じる事が、お子さんはできるんですよ

うまくいかないことも、いーーーーぱい!

でも、できること、わかることも いーーーぱい!

こう話されたYさんの おこさんへの愛情がほほえましかったです。

コメント