スポンサーリンク

チョン・ドジョン(韓国ドラマ)11話~20話

韓国ドラマ
スポンサーリンク
朝鮮建国の立役者チョン・ドジョンの激烈な生涯を、緻密な時代考証によって描き出す
  • チョン・モンジュはチョン・ドジョンに流罪が終わったことを告げ、彼にイ・ソンゲを会わせようと奔走。一方、倭寇との交戦を控えたソンゲは、敵が攻撃に出るまで待つ作戦を取る。イ・イニムは、それを不審に感じ…。
    52 分
  • 高麗は飢饉に襲われ、イ・ソンゲは民に米を配ろうと提案。イ・イニムはそれを却下するだけではなく彼を陥れようとする。一方、チョン・ドジョンは、田舎に学堂を建てて、子供たちに勉強を教えていたのだが…。
    48 分
  • チョン・ドジョンは、倭寇の手先になっていたチョンボクと再会を果たす。しかし変わり果てたチョンボクを見て、ドジョンは怒りを覚える。一方、チェ氏はドジョンにヤンジを妻に迎えてはどうかと提案する。
    50 分
  • 住職とヤンジは、布教の最中、イ・ソンゲを弥勒だと称えて、王に推戴しようとしたという嫌疑を掛けられてしまう。一方、イ・イニムの思惑でわなにはまったソンゲを救うため、チョン・モンジュはある提案をする。
    48 分
  • チョン・ドジョンは大業の土台を築くため、全国を行脚していた。その間、ウ王が酒食に溺れて政治を怠っていき、イ・イニムは勢力を増やしていく。一方、ドジョンはイ・ソンゲとチェ・ヨンに接近し…。
    50 分
  • イ・ソンゲに会ったチョン・ドジョンは、辺境を安全にする安辺策を差し出す。しかし、ソンゲはドジョンをイ・イニムの間者だと疑い始める。一方、安辺策を考案した人物を突き止めようと、ヨム・フンバンが動き出す。
    50 分
  • イ・ソンゲは謀反の疑いを掛けられ、朝廷から呼び出される。その朝廷ではソンゲが反乱を起こすことを恐れ、開京の家族たちを隠すことに。窮地に追い込まれたソンゲは、ある決心を抱えて都城に足を運ぶ。
    49 分
  • イ・ソンゲはチョン・ドジョンの案に従ってイ・イニムに交渉に行くが、予想外の要求をぶつけられてしまう。一方、ドジョンはイ・バンウォンから渡されたお礼を持ってソンゲと対面し、官職に就かせてくれと懇願する。
    48 分
  • 高麗は日照りで飢饉に陥っているにも関わらず、ウ王は無策のままだ。一方、イ・イニムたちの権門勢家は横行を増し、民の土地や貴族の土地まで奪おうと暴れっていた。チェ・ヨンは見かねて、強硬策を繰り出すが…。
    50 分
  • チェ・ヨンは、イ・イニムへの報復を決意し、勢力をかき集める。国の蔵が底をつき、宴すら開けない状況下でも、ウ王はイム・ギョンミとヨム・フンバンに私財を投入しろと要求。事態は悪化するばかりだった。
    48 分

コメント