死霊館(2013) あらすじとネタバレ

洋画
スポンサーリンク

『ソウ』シリーズなどで有名なジェームズ・ワン監督が、アメリカで実際に起きた出来事を基に描くオカルトホラー。

不可解な怪現象に悩まされる一家の相談を受けた心霊学者の夫妻が、調査に赴いた館で壮絶な恐怖を味わう。

実在の心霊学者ウォーレン夫妻には、『インシディアス』などのパトリック・ウィルソンと『マイレージ、マイライフ』などのヴェラ・ファーミガ。

そのほか『きみがぼくを見つけた日』などのロン・リヴィングストン、『I SHOT ANDY WARHOL』などのリリ・テイラー

あらすじ

1971年アメリカ・ロードアイランド州、両親と5人の娘たちが古びた一軒家に引っ越してくる。

しかし、毎朝母親の体にあざができ、一定の時間に止まる時計など不気味な怪現象が次々と発生し、娘たちに危害が及んだことから、

一家は心霊学者のウォーレン夫妻(パトリック・ウィルソン、ヴェラ・ファーミガ)に解決してほしいと依頼する。

夫妻が現地を調査すると恐るべき歴史が明らかになり、夫妻は館に巣食う邪悪な存在に立ち向かうが……。

オカルト・ホラーとしては異例の全米大ヒットを記録したこの映画は、田舎の一軒家で悪霊に悩まされる家族を描いたゴーストストーリーであり、目新しさはまったくない。

しかしホラーの古典に原点回帰した映像世界は異様なまでに演出レベルが高く、質量共に圧倒的な恐怖シーンを堪能できる。

そのひとつが一家の母親と幼い末娘が“目隠し鬼”という遊びをする場面だ。鬼役の母親が目隠しをし、拍手の音をたどって家のどこかに隠れた娘を捜すわけだが、

どこからともなく人間のものではない白い手がヌーッと伸びてくる。“幽霊の拍手”なる現象をシンプルかつ巧妙に映像化したこのシーンは、とてつもなく恐ろしい。

また本作の面白さは、実在の超常現象ハンター、ウォーレン夫妻の事件簿に基づいている点にある。

一家に救いを求められるこの夫妻は心霊現象にまつわる映像や音声の収集家であり、テープレコーダー、サーモセンサー、カメラを駆使して幽霊屋敷の調査に乗り出す。

パラノーマルな現象の数々が具体的な物証として記録されていく、そのリアリティにこだわった描写の何とスリリングなこと!

ちなみにウォーレン夫妻が関わった数千もの事件簿のうち、本作で語られるのは1971年にロードアイランド州ハリスビルで起こった心霊事件だが、

その前段として描かれる1968年の“アナベル事件”に登場する呪いの人形がまた実に怖い。

そしてラストシーンには「悪魔の棲む家」の元ネタになった“アミティビル事件”への言及も盛り込まれている。

まさに、あふれ出る恐怖! 誰もがパート2の製作を期待せずにいられない超一級の出来ばえである。(高橋諭治さんより引用)

余談ですが、アナベル人形は 本作で出てきたように 呪いの品の博物館に収められてるんです

色々検索してみると 写真もありました ただ、映画のイメージの人形ではなく

実際のアナベル人形は、アメリカの国民的キャラクター「ラガディ・アン」

布製の人形です 実際のアナベル人形の写真などもありましたが、ここに貼り付ける勇気が無いので

ググってみてください><

 

コメント