スポンサーリンク

The Beguiled ビガイルド 欲望のめざめ

洋画
スポンサーリンク
ソフィア・コッポラが女性たちのダークな一面を赤裸々に炙り出すスリラー
コリン・ファレル、ニコール・キッドマンら豪華キャスト共演で、恐怖と耽美の世界を描出。女ばかりの学園に1人の男が加わったことで、危険な愛憎劇が展開していく。

キャスト

出演
(マクバニー伍長)
(ミス・マーサ)
(エドウィナ)
(アリシア)
(エミリー)

あらすじとネタバレ

 

1864年南北戦争3年目を迎えた、南部諸州側バージニア州。人里離れた森の中にあるファーンズワース女子学園には、実家に帰ることができない少女たちが5人、教師のエドウィナ、校長のマーサ、計7人の白人女性が密やかに暮らしていた。少女の一人エミリーは、キノコ狩りの途中、脚に重傷を負った北軍の伍長ジョン・マクバニーを見つけ、学園に連れて帰る。彼女たちは戸惑いながらも、キリスト教の教えに従い「敵」であるマクバニーに手厚い看護を施し、南軍には通報せず、脚が治ったら立ち去らせることとした。

長らく女たちだけで暮らしてきたため、皆、ひさしぶりに一緒に暮らすことになった「男」であるマクバニーに並々ならぬ関心を持った。心ならず独身のまま教師となり、いわゆる「オールドミス」になってしまっていたエドウィナや、早熟な年長の少女アリシア、まだ幼い少女たちの誰もが、いつになくいそいそと念入りに身なりを整え、彼に親切にした。女たちは、エドウィナも、アリシアも、さらには幼い少女たちまで、何かと口実をつけては、他の女を出し抜いて自分だけマクバニーに接近しようとするのだった。そんな状況を楽しんでいたマクバニーは、やがて居心地の良さを感じるようになり、一人で歩けるほどに脚が回復した後も、庭番として学園に残ることを望む。そしてマクバニーは保身のために女全員に気に入られようと、言葉巧みにエドウィナと駆け落ちを約束し、一方でアリシアにも接近し、マーサにも色目を使った。

マクバニーがエドウィナの部屋に行くと約束した夜、彼女は新品のネグリジェと香水を着けて、心ときめかせながら彼の訪れを待っていた。しかし、物音がするアリシアの部屋に指導に行くと、まさにアリシアとマクバニーが事に及ぼうとしていた。動揺するエドウィナをマクバニーは宥めようとするが二人は揉み合いとなり、エドウィナが振り払ったことで、まだ脚が不自由なマクバニーは階段から転落して開放骨折し、気を失ってしまう。そこで、マーサは脚を切断して彼の命を救うことを決断する。

手術が終わり、目を覚ましたマクバニーは自分の片脚が勝手に切断されてしまったことに気付くと、すっかり動転して恐怖に駆られ、一転して乱暴な言動を取り、銃を手に、脚を切断してしまった女たちを威嚇する。唯一マクバニーを心から愛していたエドウィナは、ひとり彼の部屋を訪れ、肉体関係を持つ。一方、その間に、一転して嫉妬憎悪に駆られたマーサと少女たちは、マクバニーの殺害を決意する。

その夜、女たちは「送別会」と称してパーティーを開き、マクバニーも乱暴な言動を謝罪して、双方和解したかに見えた。しかし、マクバニーはその直後に毒キノコ料理で毒殺される。ひとり殺害計画を知らなかったエドウィナは驚くが、マクバニーの遺体と、結束した全員の姿を目にしては、その輪に加わるしかなかった。

翌朝、マクバニーの遺体は少女たちの手で布にくるまれ、学園の門扉には南軍への合図の印である青い布が結ばれているのだった。

 

 

コメント