スポンサーリンク

アタック・オブ・ザ・キラー・ドーナツ(2016)アメリカ

洋画
スポンサーリンク

 

休みの日に見る馬鹿げたタイトルのホラー!

以前 キラートマト??そのような映画も見たことがあると

思うのですが、タイトルを見ただけで

もう・・結末まで分かってしまうような バカバカしい映画。

なのに・・見てしまうんです(笑)

多分、読んでくださってる方ももう 結末はお判りでしょう!

まぁ・・ざっくり あらすじとネタバレ

ジョニーとミシェルはドーナツ屋の店員仲間

ある日、自称サイエンティストであるジョニーの叔父が人間を襲う凶暴な遺伝子生命体を作成し

誤ってそのエキスがドーナツを揚げる油の中に入ってしまう。

すると、殺人遺伝子入りのドーナツが量産されて…。

ここから、はご想像の通りの展開!

ドーナッツに歯が生えて、人を襲う襲う!

知らずにキラードーナッツを食べた人は、

ミドリのオナラや・・・嘔吐・・・><

そして、お尻から内臓出し切って死亡・・・最悪・・

ドーナッツに襲われ、どんどん死亡・・

ジョニーしか友達がいないハワードと店員仲間で幼馴染のミシェルは

原因が、ジョニーの伯父の発明だと気が付き・・・叔父の元へ

偶然出来ていた解毒剤を持って、ドーナッツ店へ・・・

店長はすでに ドーナッツに襲われ死亡・・

店の中はキラードナッツだらけ!

画像1

もう・・店内はハチャメチャです

数の多さに対処しきれず、店ごと爆破! え~~そんな ざっくり・・w

もう、難しい事は何もなし! 謎解きなんかまったくなし!

ただただ、ドーナッツが人を襲う しかも 面白い(笑)

B級ホラーまっしぐら! これはもはや、王道ですね

何も考えず、笑える作品です。 休みの日に見るのはいいかも~

時間が余ってる時には、暇つぶし程度にはなる作品です。

 

そして・・・ラスト・・・

1個だけ生き残ったキラードーナッツ

窓の外から、ジョニーとミシェルを見て 笑ってます。

なんだか、この辺もB級としては 外せないエンディングですよね!

 

コメント