スポンサーリンク

ダウントン・アビー シーズン1  あらすじ

海外ドラマ
スポンサーリンク

 

ダウントン・アビー”は自信と気概あふれる大邸宅。

当主の伯爵一家と大勢の使用人が伝統的な貴族の生活を守っている。

そこに変化が訪れようとしている。

新発明の電灯や電話をしのぐ大きな変化だ。

1. 嵐の予感

1912年、イギリスの田園地帯にある大邸宅を舞台に、グランサム伯爵であるロバート・クローリーの一家と大勢の使用人の人間模様を描く。

豪華客船タイタニック号の沈没で、邸宅“ダウントン・アビー”の将来が危機に陥る。

長女メアリーは婚約者の死を乗り越えていく意思だ。

一方、新たに伯爵付きの従者としてやってきたジョン・ベイツの出現が使用人たちに波紋を投げかける。

オブライエンとトーマスはベイツを追い出そうと画策する。

2. 招かれざる客

未来の相続人と目されるマシュー・クローリーと、その母イザベルの到来に、みんな緊張する。

マシューはこの新しい生活に落ち着けず、苦労する。イザベルとバイトレットは会うなり犬猿の仲だ。

カーソンは過去を知る人物の出現に震え上がる。グウェンには秘密の文通相手がいるらしい。

3. 欲望の代償

メアリーはトルコ大使館員に一目惚れ。ところが、2人のロマンスは長続きせず痛ましい結末を迎え、家族と使用人に波紋が及ぶ。

オブライエンはトルコ大使館員の動きに興味津々。

グウェンは秘密をばらされて屈辱を覚える。ベイツは脚を直そうと思い切った手段に訴える。

4. 移りゆく心

村にカーニバルがやって来る。ヒューズはかつて求婚してくれた人に再会し、ダウントン・アビーでの自分の立場に疑問を抱く。

その姿にさまざまな憶測が飛び交う。バイオレットとイザベルは、マシューの従者の病をめぐって対立する。

また、カーソンは、ダウントンに泥棒がいるのではないかと心配する。

5. 嫉妬の炎

村は毎年恒例の花の品評会の準備中。バイオレットが長年我が物にしてきた賞をめぐり、イザベルとバイオレットが対立する。

メアリーは新しい求婚者に紹介されるが、彼女の関心はマシューにあるようだ。

大切な嗅ぎたばこ入れがなくなり、パットモアは仕事を失うかもしれないと恐れていることを涙ながらにカーソンに打ち明ける。

オブライエンはイーディスがメアリーに復讐するよう仕組む。

6. 通い合う想い

シビルは政治的野心ゆえに困ったことに。

社会主義派の運転手ブランソンに影響を受け、三女シビルは女性や下層階級の地位向上運動にさらにのめりこみ、父親ロバートの怒りを買います。

そして父親を丸めこんで参加した政治集会が乱闘に発展し、シビルはけがを負いマシューに助けられます。

7. 運命のいたずら

コーラはおめでた。その結果、マシューの将来は危うくなり、メアリーは婚約に疑問を抱く。

トーマスは新たな将来の道を選ぶ。グウェンにも未来が開ける。決心がつかないメアリーに未来はないかも。

すべてがクライマックスを迎えるダウントンでの大ガーデン・パーティーで、ロバートは衝撃の発表をする。


広大な領地と屋敷(ダウントン・アビー)を所有する
グランサム伯爵の元に次期当主となるはずだった甥とその家族を乗せた、
豪華客船タイタニック号沈没と家族が全員死亡したという悲報が届く。

ここから シリーズが始まります 伯爵家の跡取り争いや、使用人たちの日々の生活なぞ

貴族ならではの生活には 興味深いものがあります

貴族って 不自由だなと感じながらも 面白さにはまります






 

コメント