スポンサーリンク

リッパー・ストリート シリーズ3 あらすじ

海外ドラマ
スポンサーリンク

 

生命の危機に直面するリード警部補。急転直下の展開が続く英国刑事ドラマの第3弾

シーズン冒頭からのキーマンは、元娼館の経営者で現在は慈善活動を行っているスーザン。

序盤で姿を現すもう1人の女性にも、アッと驚かされること間違いなし!

アバーライン警部は引退し、リード警部補が後を引き継いだ。ドレイク部長刑事は他の警察署で警部補へと昇格。

ジャクソン大尉は警察を解雇され、開業医になっていた。3人がそれぞれの人生を歩み始めた最中、

骨董店の地下に監禁されていた女性が発見される。

放送局のBBCがシーズン2で製作を打ち切ったため、シーズン3以降はAmazonが製作・配信。

好評だったため、シーズン4とシーズン5の製作が決定した。

第1話   

1894年のイースト・ロンドン。リード警部補は犯罪者記録をアーカイブ化することに没頭していた。
一方、ジャクソンは警察から解雇され開業。
また、ドレイクはマンチェスター警察まで上りつめていた。
第2話   

バックリィ夫妻経営の骨董店に借金取りがやってきた。
ただ、夫婦には返済能力がないので、借金のカタに骨董店を取り上げようとする。
妻は争って死亡、夫は逃走する。借金取りは家の地下の牢屋に少女を見つける。
第3話   

ブルーエット劇場でアレックス・ルシェインという霊媒師が客の前で死亡。
ドレイクとジャクソンは現場に急ぎ、ルシェインの弟子、エズラ・マーベルと、客のウェイクフィールド夫人に事情聴取を行うが…。
第4話   

ロンドンから離れた海岸で人目を避けていたリードの元をドレイクが訪れ、マチルダが生きていることを告げる。
ロンドンに戻った2人はスーザンの元へ急行。ところが、そこにマチルダの姿はなかった。
第5話   

樽職人・テディーが率いる男たちによる暴動で、パール通り一帯が破壊される。
また、意識不明のリードが治療を受けている部屋に一同は集まるが、そこでアバーラインはパール通りで殺人事件が発生したことを告げる。
第6話   

レティ・ベラ・モンテキューがアイダ・ウォッツを殺害した疑いで逮捕された。
遺体と共に見つかった彼女だが、薬を飲まされていて記憶がないと言う。
復帰したリードは、ドレイクとジャクソンを集め捜査を始める。
第7話   

図らずも妊娠してしまったメアリーは、薬剤師・カリーの元を訪ねる。
そこで違法に中絶を促す薬を出しているカリーにより、毒を飲まされた彼女は体調を崩す。
メアリーの看病をするのは父親代わりのジョージだった
第8話   

 
リードは頭を撃たれてから頭痛が治まらない。
アバーライン警部はリードに退職を勧めるが、彼はまだやることがあるとそれを断った。
スター紙の記者・ベストは、ニューヨークから来たアッカーマンと食事をし…。

コメント