六龍が飛ぶ 41話~50話

韓国ドラマ
スポンサーリンク
第41話

バンウォンは、分家して私兵を育て始める。プニを呼び出し、雪の中で戯れるバンウォンだったが、突然涙を見せ、プニに口づけをする。

何かを決意した様子のバンウォンを心配するプニだが…。

その晩、ヨニャンはバンウォンの前に姿を現す。

子供たちが生きていると知ったヨニャンはソンミに怒りをぶつけ、六山を恨む。

一方、六山はペク・グンスを殺した者を探すためチョク・サグァンに尾行をつける。

第42話

恭譲王の使いでモンジュの家に向かうチョク・サグァンを批国寺の僧侶がとり囲む。

一度はムヒュルに助け出されるも再び襲われるサグァンだが…。一方、土地改革の遅れによって民の不満が爆発する。

頭を抱えていたドジョンだったが、土地台帳を燃やすという驚きの行動に出る。

その姿を見たバンウォンは改めて敬愛の念を抱き、複雑な気持ちになる。

そんな中、プニは山の中で母のヨニャンと再会する。

第43話

プニと再会したヨニャンは、無名に属していることを認め、自分を忘れて生きてくれと冷たく告げて去ってしまう。

一方、仏教改革を早急に進めようとしたドジョンは大臣たちから反感を買い、成均館でも儒生の大騒動が巻き起こる。

モンジュはドジョンを官職から降ろすべきだとイ・ソンゲに提案。

そんな中、ハン・グヨンがバンウの屋敷を訪れ、ソンゲが王になれば世子になると話す。憤慨したバンウは…。

第44話

モンジュの計略によって弾劾されたドジョン。恭譲王はドジョンを流罪に処し、イ・セクらの復職を命じる。

これを知ったバンウォンはモンジュを激しく非難。ソンゲはモンジュに刀を突き付けてドジョンを呼び戻せと迫るも拒否される。

官職を辞して故郷へ戻ったソンゲは、気晴らしに出た狩りで、自分に向けて放たれた矢をよけようとして落馬。

モンジュはこの機に乗じてドジョン一派を追放しようと企むが…。

第45話

バンジは流刑地のドジョンを訪ね、イ・ソンゲの落馬事故とモンジュの裏切りを報告する。

そんな中、ドジョンは都に護送されることに。モンジュと恭譲王はソンゲを暗殺してドジョンらを処刑しようと計画。

ムヒュルは、現れた凄腕の剣士がユルランではないかと疑念を抱く。一方、バンウォンは山で出会った儒生に助けられ、ソンゲを無事に開京の屋敷まで連れていく。

だが、ソンゲの意識は戻らないままだった。

第46話

モンジュはイ・ソンゲの容態を探るため見舞いをしたいと屋敷を訪ねる。

モンジュの殺害を決意したバンウォンは、ヨンギュとバンジを連れて屋敷を出る。

ホン師範に谷山剣法に弱点がないことを聞いていたムヒュルはプニから計画を聞き、モンジュの護衛がサグァンであることを知らせるために彼らの後を追う。

山道で殺気を感じたサグァンはモンジュを先に王宮へ向かわせ、バンジと決死の闘いを繰り広げる。

第47話

バンウォンは橋の上でモンジュと向き合い、最後の説得を試みるが失敗。翌朝には都中にモンジュの死が伝わる。

バンウォンの仕業だと知ったソンゲは、バンウォンを呼び付け「死ね」と刀を投げ渡す。

その頃、プニやミョサンは翌朝になっても戻らないバンジとムヒュルを心配していた。

モンジュを説得できず死なせてしまったことにドジョンは自暴自棄になり書きためてきた資料を破り捨ててしまうのだが…。

第48話

バンウォンを改革から外すと宣言し、建国を急ぐドジョン。

ヨニとプニに「モンジュ殺害はバンウォンの独断だった」という噂を流せと指示し、イ・ソンゲの潔白を世間に知らしめようとする。

モンジュの首は逆賊として民衆の前にさらされ、恭譲王は廃位される。

ついに王座に就き、全ての民に官職への道を開こうとするイ・ソンゲ。ドジョンは朝廷の重職を兼任。

新たな役人を選ぶために科挙の準備を進めるが…。

第49話

行方知れずになっていた儒生が新王朝に反対し辞職した役人と共に杜門洞にいることが分かった。

彼らを説得するため杜門洞に向かったバンウォンだったが、杜門洞に火を放てと命じる。

炎に耐えられずに出てきた儒生たちは、捕らえられ食事も与えられないまま監禁される。

そして、バンウォンへの復讐心から官職への復帰を決意する。

そんな中、イ・ソンゲの長男バンウが世子になることを拒否して行方をくらます。

第50話

バンウの失踪によってすべての王子に世子になる機会が訪れる。

ところが、カン氏から「バンソクが即位せねば早世する」というコルチ大師の予言を聞いたイ・ソンゲは末息子のバンソクを世子に任命。

ドジョンは軍権を含む全権を独占し、世子の教育を担う。

王になることを狙うバンウォンは、力を手にするため無名と手を組む。

そんな中、市場の貼り紙で自分と兄たちが開国功臣に選ばれなかったことを知り…。

 

コメント