名探偵ポワロ シーズン1

名探偵ポワロ
スポンサーリンク

あらすじ

第1話「コックを捜せ」/ The Adventure of Clapham Cook

ある朝、ヘイスティングスは新聞に掲載された事件をポワロに読んで聞かせるが、どれもポワロの興味を引かず、手持ちぶさた状態。

そんな時、ポワロを尋ねて トッド夫人が事件捜査の依頼にやって来る。

彼女は居なくなったコックのイライザを捜して欲しいと相談を持ちかける。

渋るポワロだったが、依頼を引き受ける ことに。

第2話「ミューズ街の殺人」/ Murder in the Mews

300年続いている花火大会の夜、事件は起こる。

その夜、ジャップ警部、ヘイスティングス、ポワロは夜空に上がる花火を見上げながら、こんな夜は殺人が起 きても銃声がかき消してしまうだろう、と話していた。

翌朝、ポワロはジャップ警部からの電話で現場へ呼び出される。

そこには、拳銃で頭を撃ちぬかれた女性 の遺体が!彼女は自殺か?他殺か?

第3話「ジョニー・ウェイバリー誘拐事件」/ The Adventure of Jonnie Waverly

ポワロは「金を払わなければ、明日12時、子供をさらう。」という脅迫文が届いた元大地主ウェイバリー氏から相談を受ける。

脅迫はこれで2度目か3度目に なるという。ポワロはウェイバリー氏と共に、ジャップ警部のもとを訪れるが警部は本気で相手にしない。

しかしポワロはこの事件の依頼を引き受ける。予告通 り、ジョニーが誘拐される。

第4話「24羽の黒つぐみ」/ Four and Twenty Blackbirds

ポワロは、かかりつけの歯科医と夕食を共にしていた。

そこに、顔馴染みのウェイトレス、モリーが面白いことを耳打ちする。

水曜日と土曜日にこのレストラン に来る画家ヘンリー・ガスコンが“変”だというのだ。

ポワロは、その話に興味を示す。

しかし翌日、階段から転落死しているヘンリー・ガスコンを近所の住人 が発見する。

第5話「4階の部屋」/ The Third-Floor Flat

ポワロが住むマンションに、裕福なグラント夫人が引っ越してくる。

ある日、ポワロとヘイスティングスは観劇に出かけ、劇場で、ポワロの階下の住人マシュー ズを見かける。

劇が終了し、マンションに戻ったマシューズ達は、部屋を間違えて1つ下の36Bに入ってしまう。

そこで彼らは引っ越してきたばかりグラント の夫人の死体を発見する。

第6話「砂に書かれた三角形」/ Triangle at Rhodes

ポワロはイタリア領ロードス島での休暇を楽しんでいた。

しかし、同じホテルに宿泊していたバレンタイン夫人が毒殺されてしまう。

同じくホテルに宿泊していたダグラスが第一容疑者として投獄された。

ポワロは、一人事件の捜査に乗り出す。

第7話「海上の悲劇」/ Problem at Sea

ポワロとヘイスティングスは、地中海の船の旅を楽しんでいた。

そこで乗り合わせたクラパトン大佐夫妻。

夫人は気性が激しく、傍若無人な言動をくり返すが、 大佐はそんな妻にも献身的だった。

しかし、船がアレクサンドリアに停泊中、束の間の観光を楽しんだ一行が船に戻ってくると、鍵のかかった船室で夫人は殺さ れていた。

第8話「なぞの盗難事件」/ The Incredible Theft

ミス・スミスという匿名で依頼の電話を受けたポワロ。

女性はメイフィールド婦人と名乗り、夫が新型戦闘機の設計書を餌に、ドイツのスパイ・ヴァンダリン夫 人を捕えようと画策していると、相談を持ちかけられる。

ポワロは週末、婦人の招待でメイフィールド邸に招待されるが設計図は紛失。

ヴァンダリン夫人が盗ん だと思われたが…。

第9話「クラブのキング」/ The King of Clubs

ポワロはヘイスティングスと映画の撮影所を訪れる。

そこでは、撮影所のボスでプロデューサーのリードバーンが、映画の主演女優バレリー。

サンクレアを責め ていた。その晩、リードバーンが自宅で何者かに殺害される。

第一発見者はバレリーだった。

彼女がリードバーンから強請られていたことが発覚し、捜査の目は バレリーへ向けられるが…。

第10話「夢」/ The Dream

富豪のベネディクト・ファーリー氏からポワロに1通の手紙が届く。

ポワロはファーリー氏を訪ね、彼から、毎晩同じ時間に自分を銃で撃つ夢を見る。

既に医者 には相談している。君の意見が聞きたい、と相談を受ける。

翌日、ファーリー氏が夢の話しの通り遺体で発見される。自殺か?他殺か?


名探偵ポワロシリーズは 大変長いので 少しずつUP していきたいと思います

個人的に ポワロの大ファンなので 海外ドラマのカテゴリーにはくくらず

ポワロ独自のカテゴリーにて展開していきます

大好きなポワロ 最後の事件まで 書いていきたいと思います

 

 

 

コメント