逆賊~民の英雄 ホンギルドン~11話~20話

逆賊~民の英雄 ホンギルドン~11話~20話

第11話 王の微笑み

コンファは燕山君に名を聞かれ、ノクスと名乗る。燕山君を微笑ませ、髪飾りまで授かったノクスは彼の心をつかんだと確信するが…。そんな中、ギルドンは妓楼を作ることを決意。燕山君がチュンウォン君を討つように仕向けるという計画を父と仲間たちに明かす。ギルドンたちは宴会でチュンウォン君をもてなしつつ情報を集め、彼の悪評を燕山君の耳に入れるが…。一方、ギリョンは科挙に見事合格し、宮中の記録係である史官に登用される。

第12話 怒りの琴線

燕山君は掌楽院の女楽たちを集め、自分に関する世間の噂を問い質す。他の女楽たちが物怖じする中、ノクスは燕山君と彼の祖父にあたる世祖の悪評までを正直に報告。憤った燕山君は、世祖の噂が記された文書を探し始める。そんな中、ギリョンが王朝実録の草稿である史草の中から世祖を暗に批判した“弔義帝文”を発見。朝廷では大騒動が巻き起こる。ギルドンはこの機会を利用してチュンウォン君を罠に陥れる計画を立てるが…。

第13話 大成した罠

燕山君は世祖の悪評を吹聴した人物を次々と捕らえ、大規模な粛清を始める。イ・ジョンスの証言によって捕らえられたチュンウォン君は、王族にもかかわらず尋問場に引き出される。ギルドンに指示されたとおり、チュンウォン君に不利な証言をするイ・ジョンス。踏み台ことギルドンはチュンウォン君の潔白を明らかにする証人として尋問場に呼ばれるが…。一方、王命でチュンウォン君の邸宅を捜索したギリョンは、あるものを発見して…。

第14話 父との別れ

復讐を果たしたアモゲとギルドンたちは晴れて匿禍里へ戻り、家族として“ホン”の姓を名乗り始める。ギルドンとの結婚を夢見るガリョンはホンの姓はいらないと言い、アモゲにギルドンのことが好きだと明かす。そんなある日、アモゲはギルドンを連れて妻の墓へ向かうが…。一方、テハクはギルドンがチュンウォン君から取り戻した銀山を奪おうと企んでいた。宮中では、逆臣の粛清に成功した燕山君が褒美を与えるためにノクスを呼んで…。

第15話 力の使い道

銀山の所有者として官職を得たソブリは、キム尚伝(サンジョン)から2カ月以内に大量の銀を納めるように命じられる。ギルドンは銀の生産量を増やそうと決めるが、ソブリの失言によってキム尚伝と対面することに。チュンウォン君を陥れるために王を騙したことを咎められた彼は、禁酒令を利用して王室の財政を潤わせるとキム尚伝に約束するが…。一方、流刑地のチュンウォン君はパク氏からドファンを紹介され、ギルドン一味に復讐をしたいと明かす。

第16話 波乱の前触れ

4年後。ギルドンと仲間たちは平穏で裕福な暮らしを送っていた。一方、チュンウォン君はドファンの助けによって燕山君に流刑を解かれ、漢陽に戻る。ギルドンへの復讐には両班男性の民心を利用すべきだというドファンの助言に従い、チュンウォン君は早速行動を開始する。そんな中、ガリョンに縁談が持ち上がり、ギルドンは見合い相手に嫉妬するが、これはガリョンの作戦だった。ついにガリョンは自分の気持ちをギルドンに告白するが…。

第17話 背後で暗躍するもの

ギルドンの前に姿を現わしたチュンウォン君。ギルドンは彼の質素な暮らしぶりを見て、背後に何者かがいるはずだと確信する。そんな中、ドファンは漢城府のジョンハクことスハクに両班を襲う盗賊の調査を命じる。その正体は義賊として密かに悪人を罰していたギルドンだった。ジョンハクに正体を暴かれそうになったギルドンは燕山君を妓楼に招き、母の廃妃ユン氏の噂話を聞かせる。ノクスは悲憤に駆られた燕山君を慰める役目を仰せつかるが…。

第18話 妹の居場所

ジョンハクはギルドンを陥れる計画を立て、チュンウォン君の奴婢の中にオリニがいたという偽りの情報を告げる。ギルドンは怒りのあまりチュンウォン君を殺そうとするが、幼い頃の怪力を取り戻したモリに投げ飛ばされ気絶してしまう。仲間たちに救出されたギルドンはチュンウォン君が持っていた書物にオリニの名前があることを確認し、妹を探す旅に出ようと決意する。ガリョンは妻として帰りを待ちたいという願いをギルドンに明かして…。

第19話 盗賊の活躍

ギルドンと仲間たちは全国をめぐって守貴単(スグィダン)の両班たちを1人ずつ懲らしめていく。一方、ギリョンは盗賊のホン一味が現れた地域の共通点に気づき、彼らを待ち伏せして捕らえようと考える。ドファンの命令を受けたジョンハクもまた、官軍を率いてギルドンを追っていた。そんな中、ギルドンたちは王の贅沢な宴会が原因で民が苦しんでいることを知り、暗行御史になりすまして村を救う。義賊ホン僉知(チョムジ)はますます民に愛される存在になるが…。

第20話 思いもよらぬ再会

燕山君はギルドンが民心を盗んでいるというドファンの言葉を聞き、苦々しい気持ちを抱く。ギリョンは偶然再会したオム・ジャチからギルドンが生きていると聞かされるが、彼が再び自分を騙そうとしていると疑い憤慨する。一方、ギルドンは久しぶりに自宅に戻り、自分が目にした世の中の不条理についてガリョンに語る。再び旅立ったギルドンは村人を殺した守貴単を懲らしめようとするが、そこに官軍を引き連れたギリョンがやってきて…。

 

ブログランキング・にほんブログ村へ

コメント