逆賊~民の英雄 ホンギルドン~1話~10話

逆賊~民の英雄 ホンギルドン~1話~10話
韓国で語り継がれる実在の義賊、ホン・ギルドンの激動の人生をドラマ化
暴君から民を救おうと奮闘する英雄が、次々に野望を実現していくさまが痛快。切ない恋模様や家族愛も描かれ、感動必至。
『六龍が飛ぶ』のユン・ギュンサンがドラマ初主演。
相関図

あらすじ

朝鮮第九代王・成宗の時代。奴婢アモゲの子として生まれたギルドンには、ある特殊な力が備わっていた。

それが不吉な運命を招くと考える父は、息子を守るために奴婢の身分から脱出しようとするが…。

そんな中、娘を出産後に亡くなった妻の無念を晴らすべく仇討ちを決意したアモゲ。

だが、彼が主人を殺めたところをギルドンが目撃してしまう。

12年後、全国を旅する行商人となったギルドンは、妓生のコンファこと後のノクスとその付き人ガリョンと運命の出会いを果たす。

間もなく朝廷では第十代王・燕山君が即位。やがてギルドンと燕山君は因縁の宿敵として遭遇することに…。

第1話 父との約束

15世紀後半の朝鮮王朝時代。奴婢のアモゲは、幼い息子のギルドンが人間離れした怪力の持ち主であることに気づく。身分の低い者が怪力を持っていると知られれば、ギルドンはもちろん家族も無事ではいられない。ギルドンの正体を隠すため、アモゲは長年仕えてきたチョ参奉に主人とは別に暮らす“外住まい”として働きたいと申し出る。チョ参奉に反対されたアモゲは、交換条件として大金を稼いでくることを約束し、開京に向かうが…。

第2話 卑劣な罠

ギルドンは怪力を使ってはならないという言いつけを守りながら、父アモゲの帰りを待ちわびていた。そんな中、村に戻ったアモゲは外住まいすることをチョ参奉に許され、家族を連れて引っ越しをする。ギルドンの命を守るため、奴婢の身分から抜け出そうと決意したアモゲ。泥棒のソブリと手を組んで金を稼いだ彼は、密かに蓄えた財産で良民の身分を手に入れる算段をつける。だが、チョ参奉と妻のパク氏はアモゲの財産を奪おうと企てて…。

第3話 命がけの訴え

最愛の妻クモクを亡くしたアモゲは怒りに燃え、チョ参奉を殺害。その姿を目撃したギルドンは衝撃を受けるが、父を庇うために血の付いたわらじを密かに燃やす。しかしパク氏の訴えによって、アモゲは主人殺しの疑いで投獄されることに…。死刑となる危機にさらされながらも、アモゲは尋問の場で妻の無念を晴らそうとする。そんな中、パク氏はギルドンが怪力の持ち主だという噂を聞き、彼をたった一人で虎がでる山に向かわせる。

第4話 新天地へ

アモゲは無実を証明して自由の身となり、パク氏は逃げるように実家へ帰る。アモゲは自分に手を貸してくれた役人のオム・ジャチに「役所の頂点に立たせる」と約束。子どもたちを連れて匿禍里(イクァリ)に移り住み、盗賊を率いて明国との密貿易で商才を発揮する。ギルドンは命の危険を冒してまで商売に打ち込むアモゲを見て、父が変わってしまったことに戸惑うが…。そんなある日、海賊に遭遇したアモゲはオム・ジャチを匿禍里に呼び寄せて…。

第5話 宿命の出会い

12年後。ギルドンは女性を美しく変身させる小間物売りとして全国を飛び回っていた。彼の手にかかれば、どんな男でも振り向かせることができるという噂を耳にした妓生のコンファはガリョンを使いに出し、ギルドンを呼び寄せる。「王の心を手に入れたい」と話すコンファを口説こうとしたギルドンは、ガリョンに平手打ちされてしまう。一方、アモゲは人身売買で悪名の高いホ・テハクから手を組もうと誘われて断り、命を狙われるが…。

第6話 王族の企み

アモゲは王族のチュンウォン君から下女のヨミを連れ戻せと命じられる。アモゲはいっそ殺してほしいと懇願するヨミを密かに逃がすが、ホ・テハクがチュンウォン君にこれを報告。アモゲはヨミを殺したという濡れ衣を着せられて投獄される。さらに、チョ参奉の妻パク氏の密告により、12年前の主人殺しまでチュンウォン君に知られてしまったアモゲ。ギルドンはアモゲを脱獄させるというオム・ジャチの計画に従い、兄と妹と共に父を待つが…。

第7話 惹かれあう愛

ギルドンは矢の刺さった体でオリニを捜し回り、コンファのいる妓楼に辿り着く。妓生たちに怪しまれたギルドンはガリョンに殴られて倒れ、数日後に意識を取り戻したときには記憶を失っていた。しばらく妓楼に身を寄せることになったギルドンは、自分に刺さっていた矢を手がかりに何が起こったのかを探り始める。コンファとギルドンはしだいに惹かれ合い、口づけを交わすが…。一方、燕山君は死を間近に控えた父の成宗に衝撃的な告白をする。

第8話 思わぬ再会

記憶を取り戻したギルドンは妹を捜すために匿禍里に戻り、村人から父のアモゲが死んだことを聞かされる。一方、コンファは戻ってくるという言葉を信じてギルドンを待つが、2カ月が過ぎても彼は現れない。傷ついたコンファは掌楽院に入り、新たな王として即位した燕山君に近づこうと決意する。その後ギルドンは妓楼に戻るが、そこに残っていたのはガリョンだけだった。ギルドンは自分のそばを離れないガリョンと共に母の墓に向かうが…。

第9話 ならず者の流儀

ギルドンの兄、ギリョンは両班になりすまして生きていた。ソン・ドファンに連れられて書院を訪れた彼はある儒生と出会い、共に勉学に励もうと誘われるが…。一方、チュンウォン君への復讐を決意したギルドンは、テハクを自分たちに協力させる計画を立てる。ガリョンはテハクの部屋に潜入する危険な役目を買って出て…。そんな中、コンファは自分とギルドンの関係を知る内官キム・ジャウォンから、王に仕えるべきではないと告げられる。

第10話 悲しみの叫び

アモゲはギルドンが怪力を取り戻したことに気づき、家族のことは忘れて自分とは違う生き方をしろと告げる。だが、ギルドンは必ず復讐を果たしてみせると父に宣言。荷物持ちになりすましてチュンウォン君に接近する。一方、匿禍里に戻ろうとしたギリョンはアモゲが死んだという話を聞いて絶望し、科挙を受ける決意をする。宮中では大臣たちが水陸斎に猛反対を続け、燕山君は気を落とす。コンファはそんな燕山君を慰めるために舞を踊り…。

 

 

PVアクセスランキング にほんブログ村

コメント