色々あったけど、楽しかった4年生!

自閉症の息子と母の奮闘記

 

同じ地区の仲良し友達とのお話しです。

毎週土曜日はスイミングに通っているJ君

同じ地区の仲良しのR君が良く遊びに来てて、ちょうど盛り上がっていたんですが、

スイミングに行く時間になり、J君はスイミングに行かなければならないので

J君「もう、スイミング行く時間やから~」

R君「じゃー俺も ついて行くわ!」

こんな感じで、良くついてくるR君です。(笑)

自転車で行くと丁度よい距離なのですが、いつも健康と、親子のトークタイムの為、

歩いていくので、勿論 R君も歩いて付いてきます。

スイミング中はギャラリー席でYさんと一緒に、見学 なんとも不思議な感じだと

Yさんは思っておられたそうです。スイミングが終わると、又一緒に遊んでるそうです。

この日の、スイミングの帰りの2人の会話

※ この地区は4年生の男子は、J君とR君の二人だけです※

R君「区民体育祭って、オレらの地区 4年男子はオレら2人しかおらんし、

5年には男子おらんし、毎年大変やんなー」

J君「まぁ~~な 5年になったら、お母さんも役員やし、絶対強制やしなー」

R君「オレのお母さんも役員やでー、まぁ・・・役員でもそうでなくても結局

オレらは2人やから、出るんは一緒やしなー」

J君「まぁ~~な 毎年やしな!」

この会話を聞いたYさんは、子供は子供で色々と考えてるんだな~と

2人しかいないので、ほかの地区に勝てないのが、2人とも悔しいんだな~と

思われたそうです。

この会話は、特に「自閉症」らしさではなく、勉強や宿題での苦労や、

友達とのトラブルなど、つらい事が多かった中でも、こんな風に友達と

普通に?対等に? ごく自然に流れる会話を聞けることが、Yさんにとって

特別だったそうです。「普通、自然」こんな当たり前の様な事でも

J君にとっては難しかったので、Yさんはとても感動されたそうです。

そして、4年も終わる3月の中頃 もう体育の授業もないので、体操服に縫い付けている

ゼッケンを取り外していたら、J君からいきなりの要求が(笑)

J君「その ゼッケンすてんといてな!」

Yさん「なんで?4月からは5年生やで~」

J君「わかってる!でも、大事やから!」

Yさん「何に使うん?」

J君「使わんけど オレは4-2が今までの4年間で 一番楽しかったから

記念に持っておきたいねん。」

小学校に入ってから、毎年色々 トラブルがあり、傷つくことが多かったJ君ですが、

4年生の1年間は、とても大きく成長した年だとYさんはおっしゃってました。

  •  学校行きたくない・・・
  •  楽しくない・・・
  •  しんどい・・・

などの言葉が多かったけれど、今年はそれも全部ひっくるめて

「1番楽しかった!」と最高の感想を聞くことが出来て、本当に嬉しかったそうです。

J君に「5年生になる不安は?」と聞くと「ない!」

「オレらの学年は人数が少ないから、クラスが分かれても どうせみんなで

遊ぶからー 一緒や!」

なんだか、高学年らしく たくしましくなってきたJ君です。

いじめに対しても自分で克服したJ君 大きな成長となった4年生です。

毎日、しんどい・・学校行きたくない・・と言っていたのが

嘘のような 成長ぶりに お話を聞いていて 何だか涙がでる思いです。

私の中でも、Yさんのお話を聞いていて、一緒にJ君を育ててる思いが

どんどん 強くなってきてるのかもしれません。 5年生は、反抗期に入り、

Yさんにとっての辛い時期になります。

次回からは 5年生のJ君をお届けいたします。

 


ブログランキング・にほんブログ村へ

コメント