ほっこり笑えるエピソード集

自閉症の息子と母の奮闘記

小学1年生のJ君 ある日の夕食での会話です

J君「今日、先生が言っててん! 1月はいく(行く)、2月はにげる(逃げる)

3月はさる(去る)やから、3学期はあっと言う間に終わるんやってー!

でも・・サルって足早かったっけ?」

「去る」を「サル」と勘違いしていたJ君でした。

小学校2年生のJ君 歯医者での出来事

歯医者さんに行ったら、椅子の頭の部分が少し下がりますよね。

先生はその、下がっている部分にしっかりと 頭を置いてほしくて

J君に言いました。

先生「J君、もう少し下がれるか?」

J君「うん!下がれるー」

そして、とっても素直に下の方(足元の方に)下がりました。

先生「下に下がるんじゃなくて、上がってきて、頭をここに(頭を置く位置を

ぽんとたたいて)しっかり下げてほしいねん(笑)」

そう言って 先生はJ君の体ごと持ち上げて下さったそうです。

小学校3年生のJ君 おじいちゃんとお買い物へ

レジの人「○○円になります。イーケネットカードはお持ちですか?」

おじいちゃん「ないですねー」

J君「え???なんて?? イケメンカード??」

レジの人と おじいちゃんは 2人して 大笑いになったそうです。

小学三3年生のJ君 数字の事

家で数字の話をしていた時の事です。

J君「嫌いな数字ってあるん?」

Yさん「ん・・・ママは 「4」かな?」

そして次の日、支援学級で

J君「あんなーお母さんは「4」が嫌いやねんてー先生は 嫌いな数字ある?」

先生「先生も「4」かな?」

J君「みんな「4」か~ 「4」がかわいそうや・・・」

そう言って、黒板に大きく「4」の字を書いて、更にその横に

※ 僕はきらいじゃないよ。ふつうだよ。※

この様に書いたそうです。 数字の「4」に対する優しさ??を

見せてくれた J君でした。

小学校3年生のJ君 バレンタイン!

J君はバレンタインの日 チョコを10個ももらって帰ってきました。

J君「ホワイトデーまで置いといてー、それを返すから

大事にしまっておいてなー」

Yさんは驚いて・・・

Yさん「え???食べないの???ホワイトデーで返す??」

J君「うん!だってなーバレンタインでチョコもらったら、ホワイトデーで

返すんやろ?どうせ返さな あかんのやったら、最初っからくれんかったらいいのに!!」

もらったチョコを、そのまま返さないといけないと思っていたJ君

Yさんは、ホワイトデーの事をちゃんと 説明されたそうです。

ほっこり笑えるエピソードを、書かせて頂きました。

小学生になったJ君のお話は、結構重いものが多く、このお話を

伺った時には、思わすYさんと笑ってしまいました。素直な可愛い

お子さんですよね。 勿論、大変なことが多い中で この様な事があると

お母さんは 可愛くてまらないそうですよ。

PVアクセスランキング にほんブログ村

コメント