「ウルトラマンが好きすぎて♪執着しちゃう事件」

   

「ウルトラマンが好きすぎて♪執着しちゃう事件」

園児のJ君のこだわり ウルトラマンです。

もう ウルトラマンの為なら命がけ!(大袈裟じゃなく)そのぐらいの

勢いでウルトラマンが大好きだったそうです。幼少期の男の子なら誰でも

一度はウルトラマンが大好きってのはありますよね

ウルトラマンではなくてもヒーローものには憧れます。

でもJ君は 生活のすべてをウルトラマンに捧げちゃうほど、執着しちゃったんです。

すべてウルトラマン中心の生活になり、ウルトラマンの事は何でもすぐに記憶、暗記が

出来てしまったそうです。まさに ウルトラマン命!

例をあげての わかりやすくの説明です。

※ 日曜や祝日の夕方 19時~ウルトラマンのTVがある場合は、

たとえどこに出かけていようと、絶対に間に合うように戻ってくる。

※ 休日の14時~ウルトラマンのTVがある場合は、例え大好きな遊園地や

アスレチックなどに行こうか?ってゆっても絶対に家に居てウルトラマンを見る!

※ 17時30分~ ウルトラマンダイナ

18時~ウルトラセブン

19時~ウルトラマンガイヤ

とこんな風に続いてしまうと、もう大変!

セブンとガイヤの間の30分の間に、夜ご飯を食べてガイヤが終わってからじゃないと

お風呂に入れません。もう本当にウルトラマン一色の生活です。

ウルトラマンごっこをして遊ぶ時も、TVの中の効果音まですべて覚えていて、

まるで、再放送を見てるぐらいの勢いで覚えていたそうです。

この集中力は執着のなせる業で、皆が驚くほどの記憶力だったそうですよ。

やはり発達障害のおこさんの集中力は半端なく、興味のある事への執着が

すごいことが、このお話を聞いていて良くわかりました。

親もそれに合わせての生活になるので、ご苦労があったと思いますが、

可愛い我が子の為!興味のある事を奪わないようにされてたんですね。

本当に愛情いっぱいの、温かいママだと感心しました。

これから成長と共に、こだわりも変わっていくのですが成長過程の一環として

何に興味を示していくのかが、楽しみです。

ちょっと余談ですが・・・ママの気持ちとして・・・

これだけJ君に愛されたウルトラマン!もしかしてママはウルトラマンに

嫉妬してなかったのかな~とか、勝手に想像しちゃったりして

思わず笑みのこぼれるようなエピソードでした。

 - 自閉症の息子と母の奮闘記, 「ウルトラマンが好きすぎて♪執着しちゃう事件」