名探偵ポワロ シーズン13

名探偵ポワロ

 

第1話「象は忘れない」/ Elephants can Remember

1925年にレーヴンズクロフト夫妻が心中自殺をはかる。

その13年後、オリヴァは推理作家大賞を受賞し、その授賞式でバートンコックス夫人から、

レーヴ ンズクロフト夫妻の心中事件の真相を夫妻の娘であるシリアから聞き出してほしい、と相談を受ける。

オリヴァはすぐにポワロを訪ね協力を依頼するが、ポワロ は知人の精神科医が殺人事件に巻き込まれていたこともあり、

当時の事件を知る人々に自ら聞き込みを開始する。

第2話「ビッグ・フォー」/ The Big Four

ヘイスティングス、ミス・レモンのもとにエルキュール・ポワロ死亡の知らせが届く。

手配したのは最近警視監に昇進したジャップ。一方、『ビッグ・フォー』 と呼ばれる組織の存在が世間を賑わせていた。

新聞は彼らが世界戦争を企む国際的な秘密結社で、最近起きた列車衝突事故や暴動はすべてビッグ・フォーの仕業 だと報じていた。

その4週間前、新聞記者タイソーのもとにビッグ・フォーに関する警告文がたびたび届いていた。

第3話「死者のあやまち」/ Dead Man’s Folly

ある日、ポワロのもとにオリヴァから電報が届く。至急、デヴォンにあるナス屋敷に来られたしという内容だった。

現地に駆け付けたポワロにオリヴァは、屋敷 の主であるジョージ卿が祭りを開催し、

地元の人たちを招待することになっていること、またその祭りの目玉の一つが殺人推理ゲームであり、

自分がその台本の 制作を依嘱されていることを明らかにする。

しかし彼女は、その企画に不吉な予感を感じていた。

第4話「ヘラクレスの難業」/ The Labours of Hercules

大富豪ル・メスリエの邸宅でパーティーが開かれる。

一見、華やいだ雰囲気が漂う会場であったが、パーティーの裏では別の計画が密かに進行していた。

実は、 残虐非道の殺人鬼マラスコーをおびき寄せ、一網打尽にするという警察の総力を結集させた、おとり捜査の舞台となっていたのだ。

しかし、厳重な警戒態勢の 中、ル・メスリエの令嬢ルシンダが無残な姿で発見される。

彼女の安全を約束していたポワロは強い自責の念に駆られる。

第5話「カーテン~ポワロ最後の事件~」/ Curtain:Poirot’s Last Case

スタイルズ荘は、かつて殺人事件の舞台となった場所だが、現在はラトレル夫妻が経営するゲストハウスとなっていた。

ヘイスティングスは親友ポワロから招か れ、久しぶりにこの地を訪れる。

ポワロとの再会を楽しみにしていたヘイスティングスだったが、

出迎えたポワロは見違えるほど痩せ衰え、しかも車椅子に乗っ ており、ヘイスティングスは愕然とする。

スタイルズ荘にはポワロ以外にも数名の滞在客がいた。


☆ 感想ネタバレ ☆

25年間続いた ポワロの最終です

カーテン ポワロの最後の事件

本当に 最後にふさわしい事件です

ここで ポワロは犯人になってしまいます しかも 2人も殺してしまいます

ノートンを神に代わって成敗する そして自分も・・・

ヘイスティングスに託した手紙は 涙を誘います

もう ポワロは見れないと思うと 寂しい限りです

 

コメント