「ぼくのエリ 200歳の少女」本当は○○○ネタバレ

洋画

 

ヨン・アイヴィデ・リンドクヴィストの小説「モールス」を、

原作者自らの脚本で映画化。主演のカーレ・ヘーデブラント、リーナ・レアンデションは本作が映画初出演。

いじめられてばかりの12歳の少年・オスカーは、隣の家に越して来た少女・エリに出会う。

彼女は夜にだけ外出し、キャンディも食べられない不思議な少女だった。

同じ頃、街では不可解な失踪や殺人が起こり始め、オスカーはエリがバンパイアだと気付く。

ここで重要なネタバレしちゃいます・・

服を着替えているエリの股間のことなんです  ぼかしが入ってるので 謎だったんですが、無修正版では

実は 男性器を去勢した後があるんですよ

ってことは・・・エリは少女じゃないやん 12歳にしか見えない200歳のおっさん。。。><

いやいや。。イメージが崩れる ダメよ やっぱ少女じゃないと!

リメイク版のモーリスってのもありますが、私的に断然こっちのが好きです

リメイク版では少年と少女の 人種を超えた恋愛になってますよね

こっちのエリは恋愛ってゆうより 長いこと生きてて友達が欲しかった?

そーゆー印象です 結局オスカーも 一時期のエリの奴隷なのかもしれないけどね

最初のおじさん(エリの従者)が亡くなって 新しい従者が必要なのよね

オスカーもいずれは 老いていって エリとの距離は離れていくはず

そこで結局 老いたら捨てて 新しい従者をエリは探すのかなぁ~

希望では オスカーもバンパイアにしちゃって!

ずっと二人でいる設定もいいのかも! でもそうなると

日中誰も出れないから不便なの?とか 変なことを色々妄想します

そーゆー妄想も出来る映画なんですよ

ホラーってゆうより ファンタジーなのね

「ヴァンパイア版 小さな恋のメロディ」さながら 最後は箱にエリを詰めて?w

列車で旅立ちます 時々箱の中でモースル信号で やりとりしながら・・

このやり取りを知りたい! でもわかんない

このタイトル 200歳の少女の騙されないでください 少女じゃないから!って

思いながら見ると 又違ったものが見えるかも?

何回も見直せる作品でした

でも。。映画のタイトルで 随分と え??みたいになりましたが、映画のタイトルを(日本語にする場合)

やっぱもう少し 作品の内容と伴ったものにしてーーって声を大にして言います

 

 

コメント